童謡「桃太郎」の真実!あなたはどっちを信じますか?

桃太郎という童謡をご存知ですか?

世間一般的には桃太郎が鬼退治をして、めでたしめでたしという説があります。

でも、これは嘘だったんです。

 

はっきりとした確証をありませんので、鵜呑みにしないでください。

おそらくテレビでも言われているので聞いたことある人もいると思います。

 

真・桃太郎

1

鬼を退治した桃太郎は実は侵略者なんです。

鬼は村を守っていたのです。

ざっと簡単に言うとこんな感じです。

 

鬼が良い者?

鬼は実は悪いことをして、お金を溜め込んでいた人を懲らしめていたのです。

いわゆる「必殺仕事人」や今流行りの「石川五右衛門」みたいな感じですね!

 

でも、悪いことをする人は巧みに周囲にバレないように良い人を装って過ごしているので、端から見ると「良い人なのに悪いことをされた、可哀相な人」となります。

 

逆に鬼は、見た目の怖さや、普通の人より力があるために、一般人からは、かなり恐れられていました。

 

そこだけ見ると、どっちが悪役かは一目瞭然ですよね!

そこで、鬼を退治しようと言い出した人がいたんです。

それが桃太郎です。

 

桃太郎の正体は?

お分かりでしょうが、懲らしめられた村の悪人たちです。

犬、猿、きじは、その村で腕っ節の良い単なる村人です。

 

当然仕返しにやっつけるとなると、村のみんなは応援してくれます。

 

ちなみに「きびだんご」で仲間になったとありますが、丸い団子ではなく、丸いお金です。

そりゃみんな着いてきますよ(笑)

 

鬼退治の真実

鬼は人よりも強いです。

通常の戦い方では勝てません。

 

そこで、頭の良い悪人・桃太郎は、なんの罪もない村人を盾に戦いました。

桃太郎は後ろで指示を送るだけで、実際に弱らすのは村人です。

鬼も村人には手が出せませんので、やられてしまいます。

 

そして、止めは桃太郎が指すというふうになっています。

 

その後村に帰って・・・

鬼を退治したと言って帰ってきた桃太郎は、その村を支配して、自分を悪く言う村人を片っ端から処刑していき、悠々と過ごしました。

 

というのが真の桃太郎です。

 

ここで、注意して欲しいのが、人は見た目や周りの噂に流されてしまうということです。

良いと思って続けるのは良いのですが、本当に良いのか?

噂だけで、実は大したことがないのでは?

むしろ、悪いと思っていたことが良いことだった!

なんてことが多すぎるんです!

 

ネットビジネスも同じ!

1

私のサイトでは、収入増加でやることはネットビジネスが一番だと話してます。

でも、ネットビジネスが悪いというイメージが拭えない人が多いんです。

「楽して稼げる」というイメージが強すぎます。

 

でも、実際は楽して稼げません!

だから、チャレンジして失敗した人が必ずいう言葉が「やっぱりネットビジネスは怪しい」という言葉です。

 

そういう噂が広がってしまい、ネットビジネスをやっている人は現代人から悪者扱い、変人扱いですからね(笑)

 

本当にふざけるな!って言いたいです。

 

私も最近になってやっとネットの収入が20,000円ほどになりました。

頑張ってやれば稼げます。

稼ぎだすと、確かに楽になります。

 

でも、収入が出るまでは0円です。むしろマイナスかもしれません。

でも、頑張ってやってきた成果が出てきているので、私はやってみて欲しいと思います!

 

是非、何も知らない村人みたいにならないでください!

お名前
メールアドレス

お金に不安がある!そんな人は読むべき!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です