トイレ掃除が面倒臭い人は必見!5つのインテリア風水で金運アップ!

トイレの風水といえば”トイレ掃除”が出てくると思います。

このブログでもご紹介させていただきました。

有名人もやってるトイレ掃除で金運アップ!掃除の順番もチェック!

2017.06.06

「毎日トイレ掃除をする時間はないな〜・・・」
「トイレ掃除は面倒臭いな〜・・・」

そんな人は是非続きをみてください!!

 
今回ご紹介するのは誰でも、手間がかからないで楽に金運がアップできる5つのトイレのインテリア風水です。

是非試して頂いて、楽しく金運アップしちゃいましょう。

 

便器の蓋は必ず閉める


便器の蓋を開けっ放しにしている人って実は多いんです。

昔から「蓋なし便器に財運なし」と呼ばれるくらいです。

 
便器の中身は基本的には排泄物を処理する場所になります。

も便器がいくら綺麗でも、その先の下水はとても汚く、運気が悪い場所でもあります。

運気の悪い場所への道はしっかり閉じるようにするために、蓋は必ず閉めるようにしましょう。

 
実はお金持ちの共通点として、トイレの便器の蓋が必ずしまっているという報告もあります。

今では和式トイレの場合でも、ホームセンターに行けば蓋やカバーが売っています。

しっかり便器の蓋を作って閉じるようにしましょう。

 

ドアをちゃんと閉める


悪い運気を流すと言われているトイレから、悪い気が漏れないようにドアをちゃんと閉めましょう。

特にトイレのドアがリビングやキッチンのドアと向かい合わせになっているのは「ののしりあう相」と呼ばれていて、災いや不幸をもたらすと言われています。

 
こういう配置になってしまっている場合は、ドアを閉めるだけじゃなく、のれんなどでカバーして災いや不幸を防ぎましょう。

他にも玄関を入ってまっすぐの場所にトイレのがあるのも悪い運気を呼び寄せてしまいます。

こういった場合でものれんやカーテンをつけて悪い気が家に侵入するのを防ぎましょう。

 

換気をしっかりする


いくら掃除をしても、排便や排尿をした時は悪い気で充満してしまいます。

だから、窓をあけたり、換気扇を回すなどで、悪い気は篭ってしまないようにしましょう。

 
換気の際はラベンダー色やバイオレット系の小物を置いて、浄化の力をパワーアップしましょう。

もし、スペースに余裕があるなら、炭や観葉植物を置くと良いでしょう。

オススメの観葉植物は”サボテン”です。

 

トイレの照明は明るくする


院の気が籠りやすい場所は照明を明るくするようにしましょう。

よくトイレが怖いという子供がいますが、子供は敏感な生き物です。

院の気を感じ取って、なんか嫌なところと察知しているんです。

そういったトイレは金運を大きく落としてしまいます。

 
照明は新聞や本が読めるくらい明るくしましょう。

実はホテルやショッピングモールなんかでも同じことがいえます。

一流ホテルはトイレが明るく、ビジネスホテルは暗かったりします。

だから、お金持ちの人はビジネスホテルには泊まらなかったり、行きつけのビジネスホテルがあったりします。

 

鬼門ライン上のトイレに注意する


トイレが鬼門ライン上にあるのは要注意です。

鬼門(きもん)とは、北東(艮=うしとら:丑と寅の間)の方位のことである。
陰陽道では、鬼が出入りする方角であるとして、万事に忌むべき方角としている。
他の方位神とは異なり、鬼門は常に艮の方角にある。鬼門とは反対の、南西(坤、ひつじさる)の方角を裏鬼門(うらきもん)と言い、この方角も鬼門同様、忌み嫌われる。南東(巽)を「風門」、北東(艮)を「鬼門」とした。

wikipediaより

もしトイレが鬼門ライン上あると、悪い運気を増幅させてしまい、大事な会議に遅刻したり、大好きなあの人とのデートの日に体調を崩したりします。

引越しや新築を建てる場合は注意が必要です。

 
すでに今住んでいるところが鬼門ライン上にある場合は、盛り塩をしたり、掃除と換気をこまめにしたりして、悪い運気が籠らないように頑張りましょう。

 

まとめ

  • 便器の蓋は必ず閉める
  • ドアをちゃんと閉める
  • 換気をしっかりする
  • トイレの照明は明るくする
  • 鬼門ライン上のトイレに注意する

以上です。

 
冒頭でもお話しましたが、トイレの金運アップはトイレ掃除しかないと思っている人は多いです。

でも実は、細かいところに金運アップのコツはあります。

 
誰でも出来ることなので、めんどくさがらずしっかり行動して金運をアップしちゃいましょう!

お名前
メールアドレス

お金に不安がある!そんな人は読むべき!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です