使いすぎも予防できて一石二鳥!お札と硬貨で財布を分けて金運アップ!

財布はお金の家。

家が居心地良いと、早く帰りたくなりませんか?

家が居心地いいと、ずっと居たくなりませんか?

家が居心地いいと、誰かを呼びたくなりませんか?

これはお金も同じです。

 
居心地のいい財布には、お金も戻りたくなるし、ずっと居たくなるし、誰かを呼びたくなります。

ということは、お金にとって居心地のいい財布は金運が上がるということです。

では、お金にとって居心地のいい財布とはどんな財布なんでしょう?

 

硬貨とお札を別にわける


部屋に子供と大人が居るようなものだと思ってください。

価値としては同じ人間なので、同価値ですが、やれることが違いますよね。

それはお金でも同じだと思います。

 
1万円と500円ではやれることの幅が全く違います。

でも、両方ともお金ですよね。

 
では、どこで線引きすればいいのか?

人間なら成人かどうかでいいと思います。

お金の場合は硬貨かお札かで分けるといいでしょう。

 
お札専用の財布と、硬貨専用の財布に分けてあげることで、心地よく過ごせます。

出来るなら、各お金ごとに財布があればいいですが、財布の数が10個くらいになり、支払う時に困ります(笑)

だから、2つに分けるくらいがちょうどいいと思います。

 

財布の中身はほどほどが良い


硬貨なんかではよくあることなんですが、数が多過ぎて財布がパンパンになっているのもいけません。

満員電車をイメージしていただくとわかりやすいかと思います。

苦しいし、自由が効かないし、暑い・・・

これでは心地よく過ごすことは難しいでしょう。

 
逆に少なすぎるのも心地よくはありません。

一人が好きだという人もいるでしょうが、世界に一人だけだとどうでしょう?

それはさすがにちょっと寂しいな・・・なんて思うでしょう。

 
お金も財布に自分一人だと、寂しくなります。

寂しくなると大勢いる場所に行きたがります。

それは金運が落ちてしまうということです。

だから、財布に入れるお金は多過ぎず、少な過ぎない、ほどほどが一番居心地がいいんです。

 

財布に無頓着なのが一番問題!


人も嫌なことは対処してもらえると感謝し、居心地の良さを感じます。

それはお金も全く同じです。

 
居心地が悪いのに、いつまでたっても改善してくれないようでは、2度と戻りたくないでしょう。

一番気をつけないといけないのは、財布に無頓着になることです。

お金に興味はあるくせに、財布に興味がない人を見ると「この人絶対失敗するな〜」と思います。

 
財布はなんでもいいや〜なんて思わず、しっかり選びましょう。

特に好みがないのであれば、金運が上がる財布を買ってみるといいでしょう。

もし、財布をお探しの人は下記リンクのショップがオススメです。

是非ご覧ください!





お名前
メールアドレス

お金に不安がある!そんな人は読むべき!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です