お香典のマナー!金額を知らないと金運はもちろん友達にも嫌われる!

香典(こうでん。香奠とも表記)とは、仏式等の葬儀で、死者の霊前等に供える金品をいい、香料ともいいます。

「香」の字が用いられるのは、香・線香の代わりに供えるという意味であり、「奠」とは霊前に供える金品の意味です。

通例、香典は、香典袋(不祝儀袋)に入れて葬儀(通夜あるいは告別式)の際に遺族に対して手渡されます。

 

お葬式で香典に包む金額は、人それぞれだと思います。

親しかったり、単なる知人だったり、住む地域にも違うと思います。

 

今回は香典の一般の相場を、ご紹介したいと思います。

香典の相場を間違えてしまうと、同じお供えするお金でも、金運がガクッと落ちてしまいます。

是非参考にしてください。

 

香典の基本知識

63268825f54c94f21e2ff51355acf876

香典の金額は、一桁の場合は9を省いた奇数+2万円です。

つまり1、2、3、5、7万円になります。

目上の方は少なく、目下の方は多くです。

 

そして、包むお金は必ず旧札にしましょう。

新札は不幸のために、わざわざ用意(準備)したという意味になり、かなり失礼にあたります。

新札しかない場合は、縦か横に折り目をつけましょう。

 

金額の目安

money
  • 両親・・・5万円〜10万円
  • 兄弟・・・3万円〜5万円
  • 祖父母・・・1万円〜3万円
  • 親戚(おじ、おば)・・・1万円〜3万円
  • 親戚(その他)・・・1万円〜2万円
  • 友人・友人の家族・・・5千円〜1万円
  • 職場の同僚・仕事仲間・・・3千円〜1万円
  • 隣近所の知人・・・3千円〜5千円

 
自分の年齢にも関係してきます。

40歳以上なら目安金額の最高値が普通だと思ってください。

 

大切なのは気持ち

kouden

先ほどの金額はあくまで目安です。

一番大切なのは故人を思う気持ちです!

 

友人でも大切な親友なら、限度関係なくあなたの気持ちの分、包んであげましょう。

 

でも、こういう時に出費を抑えたいから・・・

なんて損得感情を出し、不謹慎なことを考えてしまうことも、少しはあると思います。

自分には自分の生活というものがありますからね。

だから、思うのは悪いことではありません!

でも、決して口に出さないようにするのがマナーです。

 

そして、金額もしかりです。

確かに出費は大変でしょうけど、マナーに反するような金額にせず、故人に感謝の意を込めしっかり包みましょう。

 

最近香典事情が荒れている

最近香典の常識を知らない人が多くなり、香典の金額が非常識な人が増えているんだそうです。

特に、包む封筒がお祝いの時の封筒に包んで持ってくる人もいるありさま。

故人に対しても、ご遺族の人に対してもかなり失礼です。

そんな失礼なお金の使い方をする人には、金運は集まりません。

むしろ、金運がガクッと落ちてしまいます。

お金を使用する際はもっとも喜ばれるような使い方をするように心がけましょう。

お名前
メールアドレス

お金に不安がある!そんな人は読むべき!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です