同棲してる時や夫婦など、二人での貯金方法!知らないと裁判沙汰になる!

貯金というのは、一人でするとは限りません。

 

恋人と同棲していたら、二人で貯金することもありますよね?

夫婦で貯金というのもありえます。

でも、実際二人で貯金って、どうしたらいいんだろう?

疑問に思う人は多いと思います。
 

基本は同じ何ですが、一人でするよりも、ちゃんと決めないといけないことが多いので、気をつけなくてはいけません。

そうしないと、自分の方が貯金した額が多いのに、なんで半分ずつなんだ!となります。
 

今回は同棲中の貯金のコツを、紹介したいと思います。

 

なんで貯金するのか?ご褒美はなにか?

hand-1040647_640

これは前の記事にも紹介しましたが、見ていない方は是非下記からどうぞ!

500円玉貯金でお金を貯める5つコツ!

2016.02.05
 

何となく貯金する人って、意外と多いんですが、実はこれはよくありません。

 

貯金を楽しいと思う方は少ないです。

楽しく貯金できる人は、おそらくこの記事を見ていませんよね(笑)

楽しくないことを継続するには、何らかの目的が必要になってきます。

 

ランニングするのにも、ただずっと走るのは辛いですよね?

同じだと思ってください。

ただ貯金するのは辛いことが多いです。

 

あと、目的が貯めるだけで、特に何もない!

でも今後のために、貯金を増やしたい!

そんな人は、必ずご褒美を作ってください。

 

50万貯まったら、高級ステーキを食べに行く。

100万貯まったら、海外旅行に行くなど、頑張った自分達にご褒美をあげましょう。

そうすることで貯金の楽しみができますし、相方が貯金に嫌気がさしても、「あと〇〇円で旅行にいけるね!」ってお互いに励ますことができますので、辛さを緩和させることができます。

 

最初は目標金額の設定から!

archery-472932_640

最初はゴールを決めましょう!

ゴールがないと、毎月いくら貯金していくか?

いつまでに貯めるか?

などがわかりません。

 

さらにいうならば、ゴールが見えない行動は精神的な苦痛が大きいです。

マラソンもゴールがどれくらいかわかっていたら楽なんですが、いつ終わるかわからないで走っていると、相当キツイです。

あと、どれくらいかわかるだけで、「もうちょっとだから頑張ろう!」って思いますよね!

 

まぁ、目標金額設定は、同棲であろうが一人暮らしであろうが、ちゃんと決めないといけません。

 

いつまでに貯めるかを決める。

clock-439147_640

目標の金額が決まったら、今度はいつまでに達成するかです。

 

期限を決めると、他の様々なことが決まってきます。

目標金額を決めるのも大切ですが、この達成期間を決めることも重要です。

ここまでは一人暮らしでも同じですので、たいして難しくはありません。

 

毎月いくら入れるか。

piggy-bank-1270926_640

ここからが二人で貯金する時に悩む事になると思います。

 

「なんで?同じ金額でいいんじゃないの?」

お互いがちゃんと稼いでいれば、それで問題ありません。

 

お互い固定給の場合

1

同棲カップルの月々の支出は、15万くらいといわれています。

単純に二人で割ると、7〜8万円になります。

 

あとは個人的な支出になります。

洋服、飲み会、車のローンなどで、手取り月20万の給料とすると、残るのは6〜8万くらいだと思います。

 

そう考えると3〜5万くらい貯金できると思います。

同じ額でもいいですが、給料の低い方に合わせることになりますので、貯金のチャンスを逃したりします。

よく考えて金額を設定しましょう。
 

どちらかが歩合給の場合

カフェ・レストランで働く女の子

もし相方がアルバイトや派遣だとしたら、毎回給料が変わってきます。

だから、金額を決めてしまうと、過度のストレスが溜まります。

 

貯金ではいかにモチベーションを保てるかがポイントになります。

 

アルバイトや派遣の相方の場合はストレスをかけないように、給料の10〜20%と決めると、ストレス軽減にはなると思います。

その場合も給料が低い方に合わせましょう。
 

ボーナスをどうするか。

3

基本はなしがいいと思います。

先ほどの「いくら入れるか」の話と同じで、多い時、少ない時があったり、アルバイトだとボーナスなんかありません。

年に2回のことですので、いつも頑張っている自分や相棒と一緒にパーっと使って英気を養うのもいいと思います。

 

給料と同じは?

給料と同じ10〜20%を入れるのもいいですが、ボーナスがある月でも普通に給料はもらえます。

だから、今更いつも通りの金額を貯金するくらいなら、ドンと貯金した方が気分がいいでしょう。

 

それか先ほど話した通り、年に2回のことですので、いつも頑張っている自分や相棒と一緒にパーっと使って英気を養うのもいいと思います。

そこは相方と相談ですね!

 

貯めたお金をどう保管するか。

実際にここまで決まったとして、次はどこにお金を保管するかです。

一つにまとめるのか?別々か?

喧嘩別れの時にとても重要な部分になりますので、しっかり考えましょう。
 

別々に管理する場合

4

別々で管理するのもいいですが、お互いが確認できるようにする方がいいです。

 

どちらかが使ってしまったりすると、貯金になりませんし、合計金額を出す必要がありますので、通帳記入や、実際のお金を一緒に計算するといた感じがいいです。

今ではアプリでも確認できますので、上手く使うといいですよ!
 

まとめて家で保管

6

家で保管する時は、毎月二人で確認をしましょう。

 

あとは小型の金庫を買いましょう。

さすがに、そのまま置くわけにはいきません。

空き巣にあえば、今までの苦労が水の泡です。

そんな悲しいことにならないために、金庫は必ず買いましょう!

3000円くらいで購入できます。
 

まとめて1つの口座に保管

5

まとめて1つの口座に保管する場合はキャッシュカードではなく、通帳で管理していきましょう。

通帳は今まで積み重ねてきた記録がしっかり記載されます。

 

それを二人で見たりした、一緒に楽しむといいでしょう。

先ほど話した通りアプリでも確認できますが、やっぱり通帳を一緒に見るという事がモチベーションを保つ事につながります。

 

別れた時はどうするかを決める。

7

これは考えたくないでしょうけど、真剣に貯金するなら決めましょう。

 

真剣になればなるほど、貯めるお金が大金になっていきます。

そこで、別れる時にどうするか決めておかないと、

「そっちが別れ話を切り出したから、慰謝料として多めに頂戴!」

なんて言いかねません。

 

「そんなこと絶対言わない!」

そう思ったとしても絶対にダメです!

どういう状況で別れるかもわからないので、これは必ず決めて、メモ何かを通帳と一緒に保管しておきましょう。

 

金額については同金額を固定で貯金していたなら、折半・半分づつでいいと思います。

給料の10〜20%で決めていたなら、決めた%の比率で分けましょう。

例えば、10%と20%で貯金していて100万円貯まった場合は1:2=100にしますので33万と66万です。

 

後の残り端数分は話し合ってください。

こじれそうなら女性に渡しましょう。

その方が男らしいと思います。

 

まとめ

  • 貯金する目的はなにかを考える。
  • 貯金の目標金額を決める。
  • いつまでに達成するか設定する。
  • 毎月いくら貯金するか決める。
  • ボーナスをどうするか決める。
  • 貯金の保管はどうするか決める。
  • 別れた時のことを決める。

以上です。

 

基本的には一人で貯金するのとあまり変わらないように見えます。

確かに貯金の方法は変わらないでしょう。

でも、別れ際や保管方法などは、二人で貯める時には決めておかないと大変になることがあります。

夫婦でも、それで裁判になるくらいですからね。
 

だから、仲がいいから・・・なんてのぼせ上がってないで、しっかり決めましょう。

ちゃんとお互い話し合えれば、一人で貯金するよりも、素早く、そして多く貯金できると思います。

是非、仲良く楽しく貯金してみてください。

お名前
メールアドレス

お金に不安がある!そんな人は読むべき!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です