断捨離に金運アップの秘密がある!捨てれない人は貧乏になる!

あなたの部屋って、片付いてますか?

 

外観は良くても、クローゼットに使わないもの、いらないものが眠ってませんか?

実は、そのいらないものが、あなたを貧乏にしているかもしれません!

 

今回は、いらないものを捨てていく「断捨離」というのをご紹介していきたいと思います。

 

いらないものって何?

Moving packing and unpacking

加湿器や、ゲーム機の箱など、いつかいるかも・・・なんてものや、半年以上使ってないものなどなどです。

 

「でもいつか使うときが・・・」

なんて言っているあなた!!!

いつかっていつなんですか?

半年も使ってないのに、この先使いそうなんですか?

そういうものは捨てる!

物への執着を切り捨てるために、物を捨てることを「断捨離」といいます。

 

実はこの「断捨離」は、お金の使い方に左右してくるんです!

 

断捨離とお金の関係

CIyF3sncIGG92XA_2912

まずは断捨離を知ろう!

断捨離(だんしゃり)とは、不要なモノなどの数を減らし、生活や人生に調和をもたらそうとする、生活術や処世術のこと。

基本的にはヨーガの行法、

行(だんぎょう)」

行(しゃぎょう)」

行(りぎょう)」という考え方を応用して、

人生や日常生活に不要なモノを断つ、また捨てることで、モノへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようという考え方、生き方、処世術である。

単なる「片づけ」や「整理整頓」とは一線を引くという。

 

wikipediaより

こんな感じのものです。

「これがお金とどう繋がるの?」

と思う方もいると思いますが、

めちゃくちゃ大ありです!!!

 

断捨離をすると、物が減るんですから、置くスペースを作らなくていいんです!

ようするに、ラックやボックスを買わなくていいんです!

 

それだけじゃなく、片付けに時間を掛けなくていいので、その分を仕事にまわしたり、引越しにかかる費用も少なく済みます。

そしたら貯金も増えるってもんです!

運気とか風水とかそういうことじゃなく、物理的に、お金がかかりません。

 

断捨離には他にもいいことがある!

20140103120330
他にもお金には関係ありませんが、身の周りを綺麗にすると、心も綺麗になり、物を整理整頓すると、気持ちの整理整頓もできるといいます。

 
実はお金持ちの方ほど、部屋がスッキリしていることが多いんです!
(個人のコレクション類は除いて)

私も断捨離には大賛成です!

でも気がついたら、やっていないこともしばしば(笑)

以外と捨てるのって難しいんです!

 

神谷流・断捨離のやり方

まずは5秒ルール

20

まずは5秒で、

  • いるもの+保留
  • いらないもの

この2種類に分けてください。

 

いらないものは、即ゴミ袋に入れて下さい、二度目は見ないでください。

決心が揺らぎます(笑)

保留といるものは固めておいてください。

 

残ったものをまた5秒で分ける

21

次は

  • いるもの
  • 保留
  • いらないもの

この3種類に分けてください。

ここからは気持ちに踏ん切りがつくのか「あ〜もうこれもいいや!」

なんてものが出てきます。

そういうものは即ゴミ袋に入れ、見ないようにしてください。

 

あとの保留といるのもは、今回は分けて置いておきましょう。

いるものは合格ですので、残しましょう。

 

保留のもので半年以上使ってないのは捨てる

22

あとは、半年以上使ってないものは全て捨てましょう。

ただし、金額が1万を超えるものは、お情けで残しましょう。

これで終わりです。

 

まとめ

最後に神谷流を紹介しましたが、私には5秒がいいのですが、自分にあった時間設定を実行したらいいと思います。

 

気をつけるのは、季節ものです!

コタツとかは、次に使うのに半年立ちますし、金額も1万円切るものもあります。

 

そういったものは自己判断で進めてください。

私のコタツはちゃんと残ってます(笑)

 

他にも、スキーの板とか、季節限定物は2、3年使ってなかったら・・・

って感じで考えましょう!

 

最後にこれだけは言いたいんですが、

絶対に自分の意思で決めてください。

そうしないと、あとあと、喧嘩の種になったりします。

だから友人や恋人が、「これは捨てていいんじゃない?」

なんて言っても無視してください!

 

断捨離は必ず自分の意思でやりましょう!

お名前
メールアドレス

お金に不安がある!そんな人は読むべき!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です