WordPressにテンプレートテーマを導入する方法を画像で解説!

WordPressを使う際に欠かせないのが「テンプレートテーマ」の導入です。

テンプレートテーマとは、あらかじめHTMLとCSSを構成されたものです。

そのデータをインストールすると、HTMLとCSSの知識がなくても、綺麗に整頓されたサイトにすることが出来ます。

 
あと、テーマ変更をしておいたほうがいい理由として、デフォルトのテーマではSEO対策が施されていません。

だから、アクセス数が伸びなかったり、カスタマイズしにくかったりしますので、必ず変更するようにしましょう。

というわけで、今回はテンプレートテーマを導入する方法を画像で詳しくご紹介します。

 
導入方法は大まかに分けて2種類の方法があります。

  • WordPressで検索したテーマをインストール
  • サイトからダウンロードしたテーマをアップロード

この2つになります。

両方ともやり方を知れば簡単なので、この記事を見ながら頑張って導入しましょう。

 

WordPressで検索したテーマをインストール

まずはテーマの検索ページを開きましょう。

「外観」→「テーマ」をクリックします。

現在使っているテーマや、インストールしたテーマが表示されます。

画面の右上にある「新規追加」をクリックしましょう。

このページがテーマの検索ページになります。

上にある「注目」「人気」「最新」「お気に入り」「特徴フィルター」の項目をクリックして、自分の好きなテーマを探しましょう。

ここで表示されるのはすべて無料のテーマになります。

特に検索で使うのは「特徴フィルター」だと思います。

自分の求めている項目にチェックを入れるだけで、理想のテーマを探してくれます。

気に入ったテーマを見つけたら、カーソルをテーマに合わせます。

すると「インストール」の項目が出てきますので、クリックしましょう。

インストールが終わると「有効化」という項目に変わりますので、クリックしましょう。

※有効化をしないと、ブログに反映されませんので忘れないようにしましょう。

 

サイトからダウンロードしたテーマをアップロード

アップロードのページを開きましょう。

「外観」→「テーマ」をクリックしましょう。

現在使っているテーマが表示されます。

右上にある「新規追加」をクリックしましょう。

上にある「テーマのアップロード」をクリックします。

下の写真のような画面が表示されますので「ファイルを選択」をクリックして、サイトからダウンロードしたテーマを選択しましょう。

※「ファイルを選択」の上にも書かれていますが、ZIP形式じゃないと、アップロードできませんので確認しましょう。

ファイルを選択できたら、インストールをクリックしましょう。

インストールできると、下の写真が表示されますので、「有効化」をクリックしましょう。

※有効化をしないと、ブログに反映されませんので忘れないようにしましょう。

 

テーマの変更方法

色んなテーマを実際に見比べてみて、やっぱり元に戻したいと思う時もあると思います。

そんな時のためにテーマの変更方法もご紹介したいと思います。

 
「外観」→「テーマ」をクリックしインストールしたテーマ一覧を表示しましょう。

変更したいテーマにカーソルを合わせると、「有効化」のボタンが出てきますので、クリックしましょう。

たったこれだけで、テーマ変更できます。

ただし、これらはSEO対策があまり施されていません。

中には全く施されていないものもあります。

 
そこで、オススメのテンプレートテーマをご紹介します。

無料 Xeory Extension
https://xeory.jp/template/xeory-extension/
Simplicity
https://wp-simplicity.com/
STINGER
http://wp-fun.com/
有料 STORK(ストーク)
https://open-cage.com/stork/
賢威

http://www.seo-keni.jp/
COLORS
https://digipress.digi-state.com/colors/?wpam_id=242

無料のテーマもSEO対策はされていますので、無料でも十分運営は可能です。

とはいえカユイところに手が届くのが有料のいいところです。

どちらを選ぶかはあなた次第ですよ!